So-net無料ブログ作成
配信アニメ感想2012夏 ブログトップ
前の5件 | -

ココロコネクト 13話(最終話)「この五人がいれば」 の感想・動画 [配信アニメ感想2012夏]




このアニメ全17話でテレビ放送は13話までだっけか
残り4話は配信されるんでしょうかねえ?

諸般の事情で配信がなしになった臭いが・・・どうなんだろうな
公式アナウンスがないから困るよね

ってか、テレビ最終話も「グダグダ十代しゃべり場」で終わったな

最後まで1カットも心象描写、回想シーンはいらなかった 
徹頭徹尾キャラクターの内面、過去のことが話の中心になってるのに何事だよw

キャラの独り言や自分語りに街の風景とか重ねて、
それでかっこいいと思ってるのかな、このアニメの監督は
映像作品として普通にわかりにくいだけだろうがよー 

絵コンテによって映像の出来は変わるのに
回想カットなしという一点は揺るがなかったから
監督がそういう方針なんだろうな 激しく間違ってる感があったが
漫画なら台詞じゃなくて絵で表現しろって編集にダメ出しされるレベル

あと、最終話は伊織の母親に会いに行くまでが長すぎ
母親に会いに行ってからの問題解決が早すぎ

最後まで尺の使い方間違ってるアニメだったな
最終話でよかったのはキャラの目の描写が一部工夫があったところぐらいかなあ

話の内容はひどいもんだし、映像も意味不明な縛りが入ってるし
フウセンカズラという諸悪の根源が何一つ解明されないまま終わったのはなw

あの五人はフウセンカズラのことを自分達の秘密にしようとしてるところとか
そのくせ何一つ対策せずに、嵐が過ぎるのを待つだけとか
最後まですごく作者にとって都合のいい存在だったね

映像でやつらの脳内のイメージは全く描写されないことと併せて
すごく人形じみた不気味なキャラだった あれに共感しろってのは無理ゲー

そもそもフウセンカズラという何でもできるキャラを出しておきながら
やってることがただのトラウマ発掘作業と頭悪い会話しかないからな・・・

主人公の日常の中にある日突然、強い力を持つ非日常の存在が加わる・・・
ドラえもんからの伝統のスタイルなのに、話の内容はすごくしょぼいw

このアニメのつまらなさは、たぶん原作以上にアニメスタッフに原因があると思うよ

先週までの唯の問題は、2話でまとめるならあのポニテ空手娘出す必要なかったのに
それ削らずに出してたからな おかげで青木告白後の唯の独白がカオスにw

それ以外にも、口論してるだけのシーンが無駄に長かったり
反面、主人公の内面描写などがまるで足りてなかった

全体的にシナリオの構成がずさんでいい加減すぎる
原作のキャラの台詞をそのまま引っ張ってくるだけの簡単な作業
そして、本筋じゃない枝葉のシーンはばっさりカットかな?
それ、アニメじゃねえし、ドラマCDにもなってねえよ! ただの原作裁断だよw

結局最後まで、映像は生硬で不親切、原作からの取捨選択がまるでできてない
褒めるところ異常に少ないアニメだったな・・・

ただ、鬱と不幸探ししてるところ以外のコミカルなシーンは結構好きだったんだよな
1話のおっぱい揉んでるところとか、9話の部室でドタバタしてるところとか

でも、それが以外がひどすぎてなあ・・・

ニコニコ生放送アンケート
ココロコネクト 13話 ニコ生 アンケート.jpg

最終回って普通もっと高くなる気がするんだがw



ココロコネクト アスランダム 上(特典小冊子付)

ココロコネクト アスランダム 上(特典小冊子付)

  • 作者: 庵田定夏
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/10/07
  • メディア: -


超訳百人一首 うた恋い。​第12話「道雅と当子 左京大夫道雅」「うき世の月 三条院」の感想・動画 [配信アニメ感想2012夏]




来週で最終回なのにきんとうさん今回もお休みだったな
新キャラ二人の切ない恋の話じゃった・・・

きんとうさんの美しい恋の話はどこへ・・・
まさか先週のアバンで終わりかよw 最終回は定家の話らしいしなあ

今回は、最後のカットの二人の表情はすごくよかったし
情緒や雰囲気もあって、しっとりしたいい話だったんだけど
まさこちゃんの回想シーン作画使い回しパート長かったのがなあw

ってか、二人が再会して恋仲になるまでが
みちまさの「恋仲になった」の一言しかなかったから
そこを省くってことはどんだけ尺ないのかと思ったらこれだよ!

まさこフェイズでも新情報そんなになかったしな
でも、「土」は二度目でも笑ってしまった 

ロリまさこを抱えるみちまさの心底めんどくさそうな顔とかもワロタ
これが三年たったらすぐ恋仲ですよ、もー

やっぱり回想は短くして、そのへんもうちょっと描いてほしかったね


あと、今回から何となくニコ生アンケート貼ってみる
超訳百人一首 うた恋い。​第12話 ニコ生アンケート.jpg

まあ、ニコ生は基本的に高得点しか出ないんだけどな
不満がある人はアンケートのところまで再生しないからなw


超訳百人一首 うた恋い。 美暦2013 【初回生産限定】超訳百人一首 うた恋い。 美暦2013 【初回生産限定】
杉田 圭

メディアファクトリー 2012-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ココロコネクト 第12話「雪降る街へ」の感想・動画 [配信アニメ感想2012夏]



このアニメ、意地でも映像が視点キャラいるところから移動しねえな
回想カット、心象風景という発想がないのかそうか

今回もキャラ達が会話してばっかりだったけど、
あいつらの脳内のイメージが描写されることってあるのかよ

9話の「唯のいいイメージ」しかなかったんじゃね・・・
このアニメの監督にはぜひミスター味っ子でも見てほしいな
目に見えるものだけを描くのがアニメではないというのに!

ただ、今回は青木の話のときに雪降る町の情景を重ねるとか
心象風景回想カット禁止縛りプレイでも一部は見れる状態になってたんだよな

アニメというより実写作品みたいな画作りだったけどな
二次元の自由さを忘れたアニメェ・・・・

話はいつも通りどうでもよかったな!
青木の言動がキモいw 

作者の性別は知らないけど、今回の青木は明らかに
「女の脳内にしか存在しない男」なんだよなw

昔片思いしていた女にわざわざ別れを言いに行くとか
それを今の惚れた相手につまびらかに報告するとか
そんな女々しい男がおるかー 

唯の後輩もストーカー気質でうざいし
視聴者&主人公視点だと唯の立ち直ったポイントみたいなのが謎だった

後輩に過去ほじくり返されて落ち込んでたのに
青木にいつも通り好きって言われたら
急に意味不明な独り言つぶやきだして、勝手に鬱が治ったとな!?

心象風景回想カット禁止プレイがここで悪い効果を発揮してるんだよな
最後ぐらいは青木の言葉で変化が起きた唯の心を映像を交えて描写すればいいのに

あんな支離滅裂な独り言だけで心理描写するとか逆に難易度だけーよ
このアニメは何に挑戦してるんだよw
なんで映像作品なのに常に心理描写が台詞しか選べないんだよ

やっぱり、夏目の監督の大森さんに一回ぐらい
絵コンテしてもらえばよかったんや・・・

エンディングとかどうでもええねん!
イクニだと映像がその回だけカオスになるから無理だな!

しかし、金髪二人のしょーもない恋バナが二話で終わったのはいいな
最初から1エピソード二話構成でよかったんじゃ
このアニメ、キャラが頭悪い口論してるばかりで話の中身ないからな・・・





境界線上のホライゾンII  第12話 『居場所の刃傷持ち』の感想・動画 [配信アニメ感想2012夏]




アルマダ海戦二次会という名の運動会やって終わったな

ゲームセットとか言ってるんだもんな
完全に歴史再現という名目の異種競技大会じゃないですかやだー
なんかこの感じ、某犬アニメでも見た気がする!

シロジロさんの銭投げ芸と、
トレスエスパニアの野球部の闘魂がぶつかりあってたな

商人は声のせいで明らかに得をしてるキャラだな
金の力使ってるだけなのに、なんかかっよく見えたw

一応、場外で武神が大暴れしてて本気のバトルっぽい映像が流れてたけど
最後、急に地摺り朱雀から女の子出てきて、なんか吹いちゃった

この終盤のこのタイミングで、
そんな普通のアニメでは重要っぽい設定がゴロっと出てくるのかよw

まあ、原作圧縮アニメだからなー
ちゃんと伏線張る時間貰えばよかったんや朱雀!
1クールしかないのが悪いんや! 

ただ、最後のふたよさんと橘嫁のバトルはガチっぽくてかっこよかったな
橘嫁が負けてしまったが、誤解はちゃんと解いて帰るのかな?

冒頭のふたよとの会話ひどすぎワロタ



境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)

境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)

  • 作者: 川上 稔
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/09/10
  • メディア: 文庫


超訳百人一首 うた恋い。第11話「香子と藤子 紫式部」の感想・動画 [配信アニメ感想2012夏]




今回は紫式部ちゃんの百合物語か

清少納言と仲悪かったのは有名だけどこのアニメでは特に絡まないのか
本編はほぼギャグなしで、ギャグはアバンに凝縮されてたな

きんとうさん・・・先週に続いて今週もメインキャラの踏み台にw
本編でふじこちゃんが踏み台って言っててまたワロタ

ユキナリもついでにはじけてたな
あんなユキナリ知らない・・・あれも仕事のためかw

本編の紫式部=かおりちゃんとふじこちゃんの話は
かつてないほどわかりやすい内容だったな 情報量少ないというか

ユキナリと清少納言の関係は「スナック定子」と「バー道長」の
売上争いで複雑化してたからなー あの話よかったけど、説明会話多かったw

設定はシンプルでも、ちゃんとキャラの心情が伝わってきて
ギャグもなくて、しんみりしたいい話だったな
式部の歌も現代語訳いらないぐらいわかりやすかった

ふじこちゃんが紫式部の背中バンバンたたいてるのは笑ったけど
あれ、やりすぎだよなw

最後、紫式部がふじこちゃんとの再会の悲しさを
創作に転化するのもいいね 話の後味がすごくいい

次回は最終回・・・と思いきや、そうでもないのか

このアニメ、配信始まるの遅かったからテレビから二週遅れてんだな
きんとうさんのターンは・・・あと二回であるのかなあw



超訳百人一首 うた恋い。 美暦2013 【初回生産限定】

超訳百人一首 うた恋い。 美暦2013 【初回生産限定】

  • 作者: 杉田 圭
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: カレンダー


前の5件 | - 配信アニメ感想2012夏 ブログトップ