So-net無料ブログ作成
検索選択
配信アニメ感想 平成作品(古) ブログトップ
前の5件 | -

十二国記 40話 41話 42話の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/01062/v00001/

40話は短編エピソードって感じだったが実に男くさい話だったな
画面に男映ってる率高すぎぃ! 引きもなんとなくホモっぽい

ケイシュウ公なんて高潔な人なんだろうって思って話聞いてたら
途中でホモくさいこと言いだしてずっこけたw

上司のホウ王(ひげ親父)が清廉潔白すぎてまぶしかった・・・(略)
だから、私の手で壊してやった! ここだけ聞くと完全にホモじゃないですか

話聞いてる半獣の将軍もイケメンだからなあ
いやまあ、月の例えとか、実にいい話をしてるのだが

最後に元姫さん視点になってようやく画面が華やかになってほっとしたが
半獣将軍と相乗りしてるところ「どうみても入ってるよね」って絵でワロタ

41話からはエンの王様の昔話か これで最終話まで行くのかな
また男率が高い話で幼い更夜ちゃんかわいかったのに、これも男だとw

石田声の腹黒イケメンに成長してたよ あのかわいかった更夜ちゃん返して!
しかもアツユという男のためにロクタさらうとか、かすかなBL展開である

政治の話で、この回だと誰が悪いのかまだ謎な感じだが
育った更夜がホモ臭いのはよく伝わってきたw 今の深夜アニメ向きのキャラだ

ってか、石田さんは何でこの時代からホモ臭いキャラばっかり・・・
カヲル君とか、DNエンジェルの眼鏡(名前忘れた)とかなあ

何気にロクタが美人官吏と同じ牢の中に閉じ込められてて
ラッキースケベだな 40話から続くホモの風を中和しておくれ

42話は作画微妙だったな まあ、毎回わりと微妙なところあるんだが
今のアニメだとブルーレイで修正されるが、この時代はそんなんないよな
だいたいこれNHKアニメだしなあ きっと作画そのままDVDじゃよ

しかし回想の幼い更夜だけは作画まともだ 力の入れどころわかってるw
相変わらず回想はホモホモしてた気がしないでもなかったが・・・

ただ、男ばっかりの話で、牢屋の美人官吏がヒロイン状態なのに
その人、最後に自害しちゃったでござる・・・おおおおう

あと、事の発端の治水問題をなんでエン王が放置してたのか説明ないのがアレだ
そのへんはこれからあるんだろうけどさ

まだあいつ何考えてるのかわからん状態だよな
ヒロイン死んだが次に期待していいのかw



風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)

風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/03/28
  • メディア: 文庫


タグ:十二国記

十二国記 37話 38話 39話の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/01062/v00001/

今週更新でついにこの長いエピソード終わるのか
37話は浅野君ェ・・・って話だったがw

でもあいつ、縛られて放置されてただけで精神的に成長してて
なんかすげえ違和感あったぞ? 縛られてる間にあいつに何がw
この回で死ぬからイケメンに描かれてるかと思ったらまだ死んでねえし!

しかし、この回は作画よかったな アクションシーンなかなか
話も「援軍キター!」みたいな熱い展開あってよかった

あのPナイトみたいな集団、マジでチートだと思うけどw
FEなら飛び道具で対抗できるんだが、当たってねえし!

あんな飛行兵が大量にいる世界なら城の構造が根本から変わりそうだが
レアなんだろうな 援軍来なければやばかったなw

38話は後半で作画が・・・相変わらず作画安定しないアニメである
まあ、話と演出と音楽いいから見れるんだけどさ 

戦の大勢はまだこう着してるが、話はけっこう動いたな
陽子ちゃんついに女の子二人にカミングアウト

あそこの三人の会話は、長い旅の中でそれぞれの成長が描かれててやはりいいな
悲劇のヒロインぶってると楽だよね、みたいな会話はいかにも女の子らしい

おっさんがクマになったのは唐突でワロタ 伏線あったけど忘れてたよw
クマ一匹であの戦車隊なんとかできるもんなのか
陽子ちゃんの妖怪支援もあるだろうが

ってか、あれはマジでFEのラグズじゃねえか!
ヤナフ育ててたのに終盤で超強いラグズの王が加入して涙目になった記憶がw
もう二度ととFE新作はプレイしないよ! と、まる見えナレ調で語る

最後は女の子二人がハッタリ半分で味方を鼓舞してイケメンに終わったな
なかなかいい引き 瀕死の浅野君はマジで忘れられてるがw 

39話はOPとEDと予告がなかったな 一瞬、最終回かと思った
全45話だからまだ続くんだが 総集編なかったら3クールでちょうどいいか

冒頭からはついにやってきた水戸黄門展開
陽子ちゃんのイケメンっぷりが気持ちいいな
長かったなあここまで 話面白かったから長くてもよかったが

水戸黄門展開終わったらあとはエピローグというか
それぞれのキャラの様子が描写されてたがちゃんと浅野君死んでたな・・・

陽子ちゃん泣いてたけど、ごめん、あそこだけは共感できないw
あいつマジでなんかの役に立ったのかよ!
異世界に流されて状況に流されて最後に伝令役買って出て犬死にですやん

ってか、最初引きのカットだったから、
死んでるのエンホお爺ちゃんか子供かと思って心配した
浅野君と判明して安心したw 早く死なせてやれよってキャラだったしな

最後に汚職役人がどんどん捕まって行ってる展開は
日本でも頼むって感じだったなw 真っ黒でも捕まんねえ人いるよなー

服礼廃止は起立とセットなんだろうか 何気にしんどい礼儀改革w
あの陽子ちゃんの演説、校長先生みたいだったな



東の海神 西の滄海  十二国記 (新潮文庫)

東の海神 西の滄海 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/12/24
  • メディア: 文庫


タグ:十二国記

十二国記 34話 35話 36話の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/01062/v00001/

34話も前回からの話の続きだけど、
だいぶ三人の女の子の話が一つにまとまってきたな

ってか、この話長いなw 大河ドラマみたいだ
最初はスタート地点も境遇も別々の三人が
「悪い役人がいるよ」で目指すところが同じになっていくのは面白い

しかし34話でまた一人マモレナカッタ・・・陽子ちゃんの王の器が試されるな

ってか、バクシュウコウが実はいい人って情報
ケイキはもうちょっとうまく陽子ちゃんに伝えられなかったのか

あいつ、第一話からずっとそうだけど、軽くコミュ障だよなw
まあ自分で言葉が足りなかったって言ってたし、そういうキャラなんだろうけど

35話は反乱の準備をしながらようやく鈴ちゃんと元姫さんが出会ったか
情報交換しながら二人の成長が描かれる会話シーンはいいな

二人とも初期ステータス低かったからなw
鈴ちゃんはまだ頼りない感じではあるが
この回は、作画そこそこ安定してて、髪おろしてる姿かわいいな

エンホおじいちゃんの背負ってる設定の説明は結構早口だったが
文化革命のときの知識人粛清みたいなもんかな? 塾を焼こうぜ!って

中国っぽい世界だから、そのへんも中国テイストなのか
このへんはたぶん小説のほうがわかりやすいだろうな

アニメでもわかんねえことはねえが、中国風固有名詞ラッシュと
「弑逆」とかの文語ラッシュが、やっぱちょっと辛いかなw
しいぎゃく、さんだつ、日常生活では使わねえよな、このへんの言葉

最後は陽子ちゃんがイケメンになって終わったな
これから王様が身分を隠して悪い役人を裁く水戸黄門的な展開が始まるのか!?

36話はいよいよ革命の狼煙が上がったのだが
すごく盛り上がるいいところで「続く」だった・・・ちょw

なぜ週3話更新なのにこんなところで切れるのか
浅野君との話が微妙に長いのが悪いw

陽子ちゃんとの会話はなに一つかみ合ってない通じ合ってなくて
浅野君早く日本に帰してやれよって感じだったもんなあ
女の子達がみんな成長してるのにこの男ときたら・・・

ショウコウに攻め入るまでの段階的陽動作戦は興味深かったのだが
元姫さん達チームと協力できないものかなあとちょっと思ったり

あっちは高みの見物で、後で美味しいところ持っていくつもりみたいなんだよな
そのへんちょっともどかしいな 同床異夢か

最後に城に突入する時の鈴ちゃんがイケメンだったな
あの子、まさか戦場で役に立つとは・・・伊達に長生きしてねえなw



月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫


タグ:十二国記

十二国記 31話 32話 33話の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]

http://gyao.yahoo.co.jp/p/01062/v00001/

31話は「転章」とあるとおり、総集編なんだが一応、話は動いたな
元姫さんはラクシュンのエスコートで無事ケイまで行くことができた
浅野君は中二病仲間をゲットw 世界が間違ってる同盟か

あの偉い悪い人と浅野君が普通に会話してたのは
偉い人が仙籍?を持ってるからかな 諸侯は与えられる設定だったような

ってか、実質総集編なのに元姫さん>>鈴ちゃんの時間配分だったなw
まあ、そのぶんラクシュンがいっぱいうつったからええか
もふもふかわいいよね イケメンネズミさんである

結局、元姫さん、ラクシュン、浅野君、視点はあったのだが、
鈴ちゃんの視点は一切なかったな 次に期待か

32話は売国奴役人をどうしたもんか、的な流れだったんだが
元M主党のO沢さんと、その地元の選挙区とか連想しちゃったw

どう見ても真っ黒なのに、なぜか罰せられない政治家、いるいる
地盤とか支持母体が異常に分厚いっていう
国のトップが変わったぐらいじゃ、こういうやつは捕まらないんですよねー

政治の黒い話はかつてないほどわかりやすかったんだが
売国奴役人が中二病をこじらせてダークサイドに落ちたみたいな描写でワロタ
そこはやはり、実在の悪い政治家とは違うな 悪役としての格があるw

どさくさに鈴ちゃんが暴走してたな 相変わらず頭の弱い子や!
売国奴政治家が悪い!で、王が悪いと大幅に論理がワープしたぞw 

まあでも、微妙に筋が通ってるような気がしないでもない・・・
結局、王の采配次第ですよね、この問題

33話はかなり大きく三人の女の子の話動いたな
鈴ちゃんはレジスタンスに拾われて何よりw

ずっと保護者が必要な人だったからな・・・
拾われる前にサイの王様の使者として役人に会ってたが大丈夫なのでしょうか

陽子ちゃんは元姫さんと出会ったと思ったら別れたw

陽子ちゃんストーカーしてたのはレジスタンスの一味で
あのエンホというおじいさんもその一人だろうが
やっぱり最終的にみんなで力をあわせて悪い役人やっつける展開になるのか?

その場合、浅野君がどう動くのか謎すぎるわけだが・・・
あいつ、ケイの国王を杉本さんって勘違いしてたな

あのおっさん同士の会話がよくわかんかったってことは
言葉が通じるのは中二病ダーク役人、ショウコウ限定か ちょっとややこしいw

最後は何気に謎の男が登場してたな 浅野君のこと知ってるような口ぶり
一体何者なんでしょうか 前にどっかで登場してたっけか?



月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫


タグ:十二国記

ジェネレイターガウル 第6話「約束」の感想・動画 [配信アニメ感想 平成作品(古)]




今回は戦闘がカッコよかったな 敵、しゃべらなすぎだけどw
あのアフロ、変身前も後もずっと無言だよな なんでだよっ!

おかげで、工場での戦闘シーンはかっこいいのになんか盛り上がんねえ!
工場の屋上に降りた直後の格闘なんか作画すごくよかったんだが
空中戦は今のアニメならCG使うだろうなって、カメラワークだったな

話は・・・うん、なんかもうどうでもいい感じかなあ?
伏線ばっか張って説明ないよね、相変わらずw エヴァの悪い影響しか感じない
アフロが女作業員に手を出した理由とか何の説明もなかったな

一応、今回の前半で、あの博士を殺す以外の方法でどうにかしないとって
あいつら三人の目的は出てきたんだが、具体的な計画とかさっぱり謎だw

あいつら、1年計画で未来からやってきたのに、
前向きに何かやろうとしてるようにはあまり見えないというか
敵の行動にアクションしてるだけで終わってるというか

一年が三カ月に短縮されたのにのんきなもんですなー

博士を殺す殺さないとかバタフライエフェクト考えるとどうでもいいだろ!
お前らがそこにいるだけで、もう十分未来に影響与えてるよ!

しかしあの髪がおかしいピンクはいったい・・・
敵だったりするのかな? 描写がいちいち意味深だよな



ジェネレイターガウル DVD-BOX

ジェネレイターガウル DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • メディア: DVD


前の5件 | - 配信アニメ感想 平成作品(古) ブログトップ