So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

戦勇。 全26話の感想・1~4話動画 二期のブツ切りシリアスはさすがにどうかと思う [アニメ作品別レビュー]



あらすじ
ヘタレ勇者とドS戦士の漫才から始まった本作は
いつしか大きな運命の潮流を感じさせるシリアスファンタジーに
問題は1話あたり5分のショートアニメだったことである
ちょっと話が進んでは「続く」 ちょっとシリアスやっては「続く」
ひどいブツ切りである 尺短いのに無理してシリアスすんな
戦士と勇者が漫才やってればいいはずなのにどうしてこうなった


26話視聴 やっぱり「続きは原作で!」エンドかw
漫画の一章と同じ終わり方なんだが、アニメだとやはり打ち切り臭いな

まあ「続きは原作で!」エンドは深夜アニメじゃよくあるから・・・
先週も言ったけど、あの名作「風と共に去りぬ」もこの終わり方だから

問題はアルバがやっとロスのことを「友達」と言ったのに
二期は全然交流なくて「いきなり何言ってんだお前」感が凄かったことかなw

二期はずっと別行動してるんだもんなあ・・・
最後にそういうこと言うなら、機械都市に行くどうでもいい話はカットして
早めに合流して役に立たないツッコミ役やってればよかったと思う

機械都市に行ったこと、まるで本筋の話と関係ないからな
アニメはアニメでスタイリッシュに話を再構成してよかった気がす

ただ、それやっても、魔王魔族関係のシリアスがそのままなわけで
1話5分のギャグアニメでやる話じゃなかった気がす 

これ原作読んだ時、ロリ魂じじいの死ぬ死ぬ詐欺からどうでもよくなったが
やっぱり飽きたというより、シリアス成分がどうでもよかったんだな

ずっと主役二人とルキでぬるい漫才やってればよかったのに・・・
すみませんね、銀魂のシリアスとかもどうでもいい派なので

漫才のノリ自体は1話から最終話まで変わらなかったのが救いか
キャラは無駄に多いんだが、これは長所でもあるのかな?

まあ、銀魂もそうだが、ずっと連載でギャグやってるのはきついらしいな
ページ少ないからもっとがんばれって気もするがw

あと、何気にシリアスで主人公が全く役に立ってないのが痛い
銀魂やハーメルンとはそこが全然違うよな 元々ギャグとはいえちょっと

話も、色々ごちゃごちゃしてるわりに、ロスが本気出せばそれで解決みたいな
妙に粗いというか、あまり出来のいいストーリーではなかったな

ただ、どれも原作通りなわけで、アニメスタッフは無難な仕事をしたと言えるし
アニメは予告とエンドカードとナレーションでギャグ足しててよかったw

ぶっちゃけ、最終話で一番面白かったのはエンドカードの漫才でした・・・
これ「まとめ動画」も配信してるが、エンドカードないから気をつけろ!
課金するなら個別動画で 話がブツ切りとか気にすんなw

あと、執事が本編には出てこなかったな OPにはいるのに
原作だと「外伝」にだけ登場するキャラだけど、
どっかで出してもよかったような アニメだけ見てたら誰コイツ?だよw



タグ:戦勇。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0